ようこそ、フクダペットクリニックのホームページへ… こちらは、茨城県小美玉市にある動物病院です。

イヌの病気

イヌの病気  

ワクチン接種について  

1、混合ワクチン 
  ・生後60日から1ヶ月間隔で、2〜3回接種し、
その後1年ごとの追加接種をおすすめしています。
・当院では、10種ワクチン(バンガードプラス5/CV-L4)を接種しています。
  ・ワクチン接種によって、犬ジステンパー、犬パルボウイルス、犬伝染性喉頭気管炎、
犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬コロナウイルス感染症、
犬レプトスピラ感染症が予防できます。
・ワクチン接種は、愛犬を伝染病から守る大切な習慣になります。

2、狂犬病
  ・生後91日以上の犬には狂犬病予防注射が義務づけられています。
  ・ワクチン接種をされると、狂犬病予防注射済証を病院でお渡しして、
市役所に飼い主さんが提出をして、注射済票の交付をうけます。
・小美玉市・石岡市は、病院で登録・注射済証の交付ができます。
・4〜6月に年1回の接種をおすすめしています。
  ・市役所からのおハガキをお持ちください。

犬糸状虫(犬フィラリア症)について  

犬フィラリア症予防注射 プロハート12(ゾエティス・ジャパン株式会社)

 1回の注射で1年間の犬フィラリア症予防が完了します。
 当クリニックでは飲み薬の予防から注射での予防に移行していただいてるワンちゃんが年々増加しています。(接種頭数:H25年度35頭、H26年度72頭、H27年度102頭) また、当クリニックでは過去3年で、明らかな副作用を認めておりません。

プロハート12のオススメポイント》
・1回の注射で12ヶ月間の予防が済むので投薬のときのお薬の飲ませ忘れの心配がありません。
・また、「期日を守って投薬しなければならない」と言うストレスから開放されます。

 12ヶ月間効果が持続しますので1年間どこで注射をしてもよいのですが、当クリニックでは薬剤使用期限の関係上3月から5月末までは予約なしで対応いたします。
 その後は注射薬剤がなくなり次第、予防接種を終了させていただきますのでご希望の方はお早めにご来院頂くことをおすすめします。

powered by Quick Homepage Maker 3.56
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional